CAFE'S TOWN コーヒー豆知識

コーヒーの起源


コーヒーの起源については諸説あるようです。
今回は有名説を2つご紹介します。

コーヒーの起源

コーヒーの起源については諸説あるようです。

 

今回は有名説を2つご紹介します。

 

エチオピアの山羊飼いの少年

 

エチオピアにカルディという山羊飼いの少年がいました。

カルディは、ある日潅木の赤い実を食べたヤギ達が、夜になっても騒がしく遊びまわっているのに気づきました。

そこで、カルディは修道僧にこの話をしたところ、試しに食べてみようということになりました。

食べてみると非常に爽快な気分になりました。

それからは徹夜で儀式などをする修道僧達の眠気覚ましとして使われるようになったそうです。

 

イスラム教の僧侶シーク・オマール

 

モカという町にシーク・オマールという祈祷師がいました。

ある日、モカ王の娘が病気になりオマールが祈祷をすることになりました。

オマールは娘の病気を癒したのですが、その娘に恋をしてしまいます。

それが王に発覚し、オマールはオウサブという地へ追放されてしまいます。

食べるものもなく山中をさまよい歩いていると、一羽の鳥が赤い実をついばみ陽気にさえずっているのを見つけました。

オマールは試しにその実でスープを作ったところ、素晴らしい香りがする飲み物ができ、飲んでみたところ疲れが吹き飛ぶようでした。

その後オマールはその赤い実を使い多くの病人を救い、罪が許されたそうです。

2010-10-20 13:51:36コーヒーの豆知識